福島県立磐城高等学校同窓会ウェブサイト 福島県立磐城高等学校 同窓会本部
〒970-8026 福島県いわき市平字高月93番
  磐城高校同窓会館
同窓会館について 役員・組織 同窓会支部 同窓会会則 磐高・同窓会の歴史 お問い合わせ
 
 高月台へ移転、そして磐高へ
大正十二年、高月台へ移転を開始、
次第に教育にも軍事色が強まる中で生徒は国を想い、真摯に学力向上を目指した。
戦後は学生改革とともに、磐城高等学校へと移行。

校門から校舎を望む

明治29年に創立された本校は第二中学校を経て磐城中学校として独立。 その後、校舎の老朽化等に伴い、揚土台から高月台へ移転。
教室に改装された寄宿舎

高月台の新校舎が出来た大正末期頃から交通機関が発達し、遠方から通学する生徒が増加。昭和5年に廃止、27年間の歴史に幕を閉じることになった。
Click & Zoom
Click & Zoom
 文武両道の追求
昭和二十六年に校舎が全焼。焼け跡から立ち上がった本校は、文武両道を目指して
学力向上とクラブ活動に力を注いだ。
一方、経済の高度成長は教育の大衆化をもたらし、進学熱も高まった。

昭和40年頃の校舎

本校の再建は昭和28年5月に全工事の竣工を見、本校新校舎の落成記念式典と祝賀行事が行われた。写真は再建された木造二階建の新校舎である。
常磐炭鉱(株)寄贈の講堂

本校再建に向け結成された復興期成同盟会の募金活動により、常磐炭鉱株式会社から設計付き講堂一棟の現物寄付された。
Click & Zoom
Click & Zoom
田口安男絵と舟生厚塑像

昭和54年は磐高創立85周年の年であると同時に、新校舎建築の全工事を終えた年でもある。68年ぶりに校旗の新調も行われ、翌年の昭和55年には写真の美術品が贈られた。
重要文化財指定『天冠埴輪』

昭和23年、高久古墳の発掘にて出土。
延べ17日間の発掘作業で、埴輪片から復元されたこの天冠埴輪は極めて美しく、昭和33年に文化庁から重要文化財に指定される。
Click & Zoom
Click & Zoom
県道移設で改築された校門

平成6年3月に市道迂回のため、フェンス、校門、部室移動設置が行われた。(この年の12月にはJR常磐線「平駅」が「いわき駅」と改名されている。)
夏の甲子園出場 (平成7年)

これまで甲子園は夏7回・春3回出場し、昭和46年の夏の大会では準優勝を果たしている。
Click & Zoom
Click & Zoom
PAGE TOP
 創立百周年を迎えて
創立百年記念館

磐高創立百周年を記念し、本校敷地内(校門を入りすぐ右手)に生徒の研修センターとして平成8年設立。
創立百十周年記念館

磐高創立百十周年を記念し、百年記念館すぐ隣に、主に吹奏楽部の練習施設として平成19年4月に竣工。
Click & Details
Click & Zoom
卒業六十周年記念樹

磐桜終始会様(昭和23年度卒)から寄贈。百年記念館の南側に植樹されています。
絵画「小名浜の漁港」

磐中27回卒・日展会友だった、故・阿部廣司氏の絵画が母校に寄贈されました。平成15年には「いわきの漁港」が寄贈されて、百年記念館の会議室に飾られています。
Click & Zoom
Click & Zoom
磐城高等学校全景

航空写真をはじめ、構内の各所を撮影した写真をご覧ください。
(平成22年4月撮影)
Click & Details
写真の無断転載を禁止します
PAGE TOP
福島県立磐城高等学校 同窓会本部  〒970-8026 福島県いわき市平字高月93番
Copyright © Iwaki high school alumni association All rights reserved.